右投げ左打ち 体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法の評判

右投げ左打ち 体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法の評判・トップイメージ

右投げ左打ち 体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法の評判をご案内いたします。

野球とソフトボールでは、左打者は打席の位置の関係で、右打者よりも一塁ベースに近くなるため有利とされています。

確かに、内野ゴロなどでヒットになりやすくなりますので、打率は上がりやすくなります。

そのため、お子さんの中には、小さいころから利き腕が右腕であっても、左バッターにしている方が沢山います。

しかし、右利きで右投げ、左打ちのバッターには、体が開きやすくなるという共通の弱点があります。

体が開きやすくなるという弱点を解消する方法がとても良くわかります。

続きはコチラ  右投げ左打ち・体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法

実践守備マスタープロジェクトの監修者川﨑宗則

右投げ左打ちのバッターは、体が開きやすい傾向が多いです。

そのため、外角の低めのボール苦手になり、上手に打てないバッターがとても多いです。

対応策としては、やはり、外角の低めのボールでもシッカリとヒットを打てるバッティングフォームを身につける事が大切になります。

右投げ左打ち、体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法なら、まず頭で理想のバッティングフォームを理解出来ます。

基本を大切にしながらシッカリと身につけていくように工夫されている内容です。

反復練習していく事は必要ですが、とても無駄のない効率的な練習方法です。

練習方法に無理もありませんので、練習もとてもはかどる内容ばかりです。

結果として、自然に外角の低めのボールでもシッカリとヒットを打て、飛距離も稼げるバッターに変身します。

続きはコチラ  右投げ左打ち・体が開きやすいバッターのためのバッティング指導法